宅配弁当の金額や量を検討して、最適な業者を選ぼう

栄養バランスのとれた宅配弁当を利用する

嬉しいメリット

高齢者の増加により利用者も増加

最近、テレビコマーシャルや新聞広告などで頻繁に目にするようになった宅配弁当。以前からあった宅配弁当とは違い、今人気なのが高齢者向けの宅配弁当サービスです。 1人暮らしの高齢者が増えたり、老老介護で買い物に行く時間さえなくなった高齢者などに喜ばれています。 国立社会保障・人口問題研究所の人口推計によれば、2040年ごろには、人口の3分の1が65歳以上になると見込まれているのに対し、公的なサービスは年々減額されており、市町村が実施する在宅配食サービスは大幅に減っています。 民間会社による宅配弁当サービスには、普通食だけでなく、糖尿病や腎臓病患者向けのお弁当も用意されているし、週1食の宅配から申し込みできる会社もあるため、利用が急増しています。

満足できる会社を選ぶには

宅配弁当会社によってお弁当の種類もサービスも様々です。メニューもご飯とボリュームのあるおかずがセットのお弁当や、普通量のおかずがセットのお弁当に、噛む力、飲み込む力が弱い人向けのお弁当、糖尿病や腎臓病患者向けにカロリー計算されたお弁当などいろいろな種類があるため、その中から自分が欲しいお弁当を見つけます。 会社によって宅配内容が「1人用5食セットから」で週単位の受付のところや「1人用1食分から」で日にちを指定して受付するところなどの違いがありますので、注文時に個数を間違えないように気を付けます。 他にも、不在時には専用ボックスに入れて玄関先に置く場合があったり、注文後はキャンセルできない会社も多いので、よく確認して注文することが大切です。