宅配弁当の金額や量を検討して、最適な業者を選ぼう

栄養バランスのとれた宅配弁当を利用する

人気の調味料

原材料を見てから選びましょう。

西京味噌は本来は株式会社西京味噌で製造されている銘柄のことですが、現在では、京都を中心とした関西地方で作られている、甘口の白味噌のことを言います。塩分は通常の味噌汁用の味噌より低く、5%前後で、熟成期間は2週間以下です。 西京味噌は、米麹による麹菌が発酵して作られるために、甘口になります。製法を簡略化すると、風味が落ちるために甘みを出すために水あめが混ざっているものがあります。また、パック詰めの場合、発酵を止めるために酒精が入っている場合があります。 西京味噌の選び方で注意すべき点は、原材料が表示されているかどうかです。写真で見た目はきれいでも、良い品かどうかはわかりません。添加物が入っているか、ビタミン剤、着色料、保存料などの原材料や産地を確認して選択します。

西京味噌を使うときは、コツがあります。

西京味噌はお正月の御雑煮や魚の味噌漬けに使われています。塩分が少ないために、スイーツの素材や、田楽、味噌だれ、ドレッシングなど用途も広がっています。 正月の御雑煮は、クリーミーで塩気が薄いので、家によっては、だしを濃い目にとり、味噌も多く入れ、塩、薄口しょうゆで味を調えます。また塩味が強い他の味噌と混ぜるなど工夫をしています。 西京味噌で魚の味噌漬けを作るときは、西京味噌にみりんや酒を混ぜて作った調味料に、塩をして30分くらいおいた魚を並べます。このとき、味噌床にガーゼかキッチンペーパーを敷いてから魚を並べ、さらに、魚の上にガーゼかキッチンペーパーをかけてから、上に味噌床を足します。こうすると、魚を焼くときに西京味噌を取らなくてすみ、焦げることがありません。